ペット介護用品の誤使用は危険

獣医への相談

世界的に人間の高齢化が進んでいる、とよく耳にしますが、これは生活環境や食事の内容が向上したから、と言われています。実は、この高齢化は人間だけではなくお家で暮らすペットたちにも及んでいます。理由は、人間と同じようです。特に、食生活が大幅に改善されたからであると言われています。そうすると問題になってくるのが、同じ生き物なのでペットも身体に不自由が出てくることです。
犬は認知症を患うことも報告されており、この流れと共にペット関連用品の市場には「ペット介護用品」を謳った商品が増えてきています。しかし、一見便利に思えるこれらですが、現状としては介護での使用事例がまだこれから、ということもあってか、正しい使い方をされていないこともあるようです。人間でもそうですが、これらの商品は誤った使い方をすれば、逆効果を生み出しかねません。そういった時は、かかりつけの獣医によく相談することが重要になってきます。
かかりつけの獣医には当然、ペットの健康状態などを診てもらっているので誰よりも一番、ペットの要介護状態を解かっています。また、様々な病状のペットを診ているので、対象となるケース毎の必要な方法なども熟知しています。素人判断でペット介護用品を導入してしまうと、健康を損ねることに繋がります。ペットに長く楽しく過ごしてもらうためには、まず専門医によく相談をしてみてください。

ペットの高齢化

最近聞かれる言葉が「高齢化」。なんだ、そんなのかなり前から言われているじゃないか、というそこのあなた。ちょっと待ってください。ここで言う高齢化とは、なんとペットのことなのです。犬と猫に代表されるお家で飼える動物ですが、ここ最近、そんな彼らの寿命が延びているのです。
一般的には、生活環境や食生活が良化したことで長生きするようになってきた、と言われていますが、そんな中でお付き合いしていかなければならないのが、ペット介護です。そう、彼らも高齢化と共に、人間のように介護が必要になることがあるのです。「ペットに介護?」と思われるかもしれませんが、飼っている側にしてみれば愛しい我が子と同じもので、放ってはおけません。そうしたことで最近、動きがあるのが、ペット介護用品の充実です。まだそれほど種類がある訳ではないですが、今後、この分野が活性化するのはまず間違いありません。
そんな時、注意したいのが商品の安全性や効果です。正直、まだこの分野は途上なところもあり、例えば専門医からしたら「?」マークがたくさん浮かぶような物もあるようです。可愛がっているペットのためにあれこれとしたくなるとは思いますが、使うことで却って病状を悪化させてしまう可能性もあります。そこはきちんとかかりつけの病院に相談をして、判断を仰いだりアドバイスを貰ってください。ペットも大事な家族のひとりですから、大切にしてあげてくださいね。

"定期便をご利用いただくと、いつでもポイント6倍、2500円(税込)で送料無料になり大変お得です。 犬・猫大好きなスタッフがセレクトした犬用品、猫用品を8,109点以上の品ぞろえ。[[\n]イフサイクルにあった犬用品・猫用品の充実 人と動物との共生、動物支援団体へのポイント募金活動 メルマガ会員になると飼い主さんのお誕生月にバースデークーポンプレゼント ペットの健康を支える介護用品をお探しの方はこちらへ

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
愛犬に快適な介護ライフをを更新。
2017年08月25日
大切な家族の老後を考えるを更新。
2017年08月25日
ペットの介護用品で揃えておくべきものを更新。
2017年08月25日
シニア犬に役に立つ介護用品を更新。

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031